増える訪日観光客対策!空港での手続きを自動化へ

2019年1月から、海外へ出国する際に一律1,000円の税金がかかることになりましたが、逆に空港のシステムはどんどんシステム化され、便利になってきています。 2017年10月から、羽田空港では、日本人の帰国者向けに顔認証システムを使った入国審査を開始。現在は帰国する日本人が対象ですが、…

観光インバウンド

増加する訪日観光客!各地の空港で無料SIMカード貸し出しへ

台湾と香港の観光客向けに、15日間500 MBまで無料で通信が可能なSIMカードの貸し出しが各地の空港で行われています。 2017年12月からは、中国からの観光客も対象になる予定です。 貸し出し方法ですが、WAmazing(ワメイジング)というアプリを出国前にダウンロードして会員登録…

観光インバウンド

JRバス東北 冬限定の定期観光バス開始

JRバス東北では、今年の12月から来年の2月にかけて、冬季限定定期観光バスの運行を開始します。台湾や東南アジアなど、雪の時期を選んで東北を訪れるインバウンドの観光客をターゲットにした定期観光バスで、冬季限定は3種類、通年が2種類です。 冬季限定定期観光バスには、八甲田山、酸ヶ湯温泉、青…

観光インバウンド

空き家活用と話題のシングルマザー向けシャアハウス

シェアハウスの供給の拡大 シェアハウスは、法的には定義がなく日本シェアハウス・ゲストハウス連盟による定義に従うと、最短の契約期間を1か月以上とする中長期滞在物件であり、入居者同士の共有スペースがあって交流を図ることができ、国籍を問わず入居できる物件となります。大雑把には、建物におけるリ…

リフォーム・空き家対策

高齢者単身世帯が関心を寄せるシェアハウス!高齢者の居住意識に変化?

急拡大する市場規模と地域 シェアハウスとは、法律上は明確な定義はありませんが、一般的には、賃貸住宅でバス、リビング、トイレ等の部分を共用するものです。単身用アパートと比較した場合、単身用アパートでは一般的に各部屋にバス、トイレ、リビング等を設置するため部屋数が限られ一人当たりの家賃が高…

リフォーム・空き家対策

空き家問題の解決策!空き家対策特別措置法

空き家を放置できなくなった? 2014年の7月に、総務省が住宅・土地統計調査の結果を公開した。全国の空き家率は13.5%、軒数にすると820万戸が空き家になっているという発表がなされたわけだけれど、この数字に危機感を覚えた国民が大勢いた。大雑把に言ってしまうと、10軒に1軒が空き家にな…

リフォーム・空き家対策

民泊初心者でもAirbnbで簡単に集客しよう!

なぜ、Airbnbなら簡単に集客できるのか? Airbnbは、民泊を始めたいということなら利用するべきサービスです。利用することによって、高い集客を期待することが出来ます。旅館業やインターネットに詳しくない方でも簡単に施設情報を登録してゲストを募集することができるからです。他のオンライ…

民泊・Airbnb

訪日外国人旅行者の増加と民泊人気の高まり

施設次第で簡単に始めることが出来ることも 民泊は、簡単に始めることが出来るサービスになっています。特に、airbnbを利用することによって手軽に始めることが可能です。こうした業界は、今後の成長性を望むことが可能になっているとされています。観光業にとっては、宿泊ビジネスはかなり大きな収益…

民泊・Airbnb

空き家対策特別措置法の施行と町家リフォームの動向

空き家対策特別措置法の具体的内容について 空き家対策特別措置法とは、「空き家」と認められる状態の建物を減らすことを目的とし、所有者に管理不全を是正するように指導、命令を行うことができる法律です。この法律によって、管理不全は空家があった場合には自治体は立ち入り調査を行うことができます。他…

リフォーム・空き家対策

空き家放置で固定資産税6倍、罰金最大50万円?

空き家の問題が全国的に増えており、何らかの対策が求められています。 空き家対策の法律が登場 空き家対策特別措置法は、空き家の管理に関するルールを規定した法律です。この法律が施行されたことで、これまで特に問題にされることがなかった不動産が行政処分の対象になりつつあります。従って、空き家…

リフォーム・空き家対策